いろいろあります。

新政権への期待が膨らんできていますね。
あれもしてくれ、これもしてくれ、と。

昨日のテレビで、ビートたけしさんの発言が、さすが!でした。

「世の中、自殺者が、年間3万人を超えてきてるんだから、
労働環境の整備と経済対策が重要。
インフルエンザで3万人死んだら、大パニックでしょう。
その事を、見て見ぬふりをしてるんじゃないか、政治は。」

年金問題
格差社会
少子高齢化
教育現場の崩壊
財政赤字
新型インフルエンザ
地球温暖化
食糧自給率
核ミサイル
その他いろいろ、ありますけれど。

でも、大丈夫だと思える心持ちが必要だと、私は思います。
なんの根拠もありませんが・・・

こんな言葉を聞いたことあります。
「ドイツ人は上品で賢い、ゆったりしてはるわ、大陸育ちやからな、
日本人は下品やろ、島国やから。」
これも、根拠まったくなしです。

一寸先は光明

選挙の結果で、民主党が勝ちすぎと言っていいほどの議席を獲得いたしましたね。
やる気溢れる議員さん達のお顔を見ているだけで、こちらも元気になります。

自分たちの暮らしが良くなるために、政治の力は確かに大きいですが、
良い暮らしか、悪い暮らしか、その線引きは誰が決めるのでしょうか。

それは、政治家ではなく自分自身ではないかなと思います。
資本主義ですから、生産性を高めなくてはならないのは間違いありませんが、
単に、欲望を満たすためだけの不要な生産は、
自分たちで見直さなくてはならないように思います。

日本の政治が悪い!
日本の財政は破たん寸前だ!
日本の若者は成熟しとらん!!などと言って、
日本の将来に不安要素が蔓延してるかのような、一寸先は闇的思考はやめて、
一寸先は光明として、明るく元気よく先を見通したいものです。

お盆参り

お盆真っ只中で御座います。
当寺のお盆参りで、皆様方にお時間のことでご協力戴いていますこと、
伏してお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

できれば、皆様全員の方と、事前にお参り時間を確約できれば良いのですが、
公平公正に、皆様のもとへ参らせていただくには、突発的なお葬式のご依頼も含めて、
予約を締め切り、予定が出そろってからのお参りスケジュールの作成になります。
何卒、ご寛容をもってご理解下さいます様にお願い申し上げます。

芸能界

芸能界が荒れに荒れていますね。
その昔、親戚のオジサン同士が、こんな会話していました。

オジサンA 「わしなぁ、中森明菜がええわ思てんねん。」
オジサンB 「俺は、あの子あかんは・・」
オジサンA 「なんでーな」
オジサンB 「あの子、品ないやろ」
オジサンA 「んなことないでな。 かいらしいがな~」
オジサンA 「そもそも芸能の世界はな、品格のない低俗
       な芸を見て大衆に喜んでもらうのがそれじゃ。」
オジサンB 「いやいや、昔の役者さんなどは品があったやろ」
オジサンB 「美空ひばりなど、上品で本物やろ。だいたいな・・・・・」

とこれ以降二人、激論へ発展していくさまは、結局、上品とか下品とか、
うまいとか下手とか、きれいとかかわいいとか、そのような形容含めて
とにかくみんな芸能界が大好きなんですね。

選にもれず、私めも、芸能界は疎いですが大好きです。

GMと住職

アメリカのGMが、ついに破産申請ですね。
市場は、「もう、そんなんで、おどろかへんで、」と言う落ち着いた様子です。

逆に、

「これで、オバマさんが影の社長になるんやから、ええんちゃうん、
オバマさんが、トヨタ、ホンダみたいにエコカーの製造に力入れれば、業績のびるんとちがん。ましてや、トヨタ、ホンダの車には高い税金をかけて、アメリカ国内のメーカー車には、低い減税で優遇すれば、否でも、売れるやろ~」

と言って、風向きが上方向にあるようです。

「風が吹けば桶やが儲かる」を考えれば、この風によって、数限りない影響が予想外の所まで及ぶのでしょうか。

わたくしにも、きっとなんらかの影響が及ぶと思っています。

例えば、

アメリカのパブリックマネーとグリーンディール政策の後押しで、
新生GMが、超未来的なエコカーを開発するだろうと見越した中東の王族などが、
車社会においてのガソリン需要が減る事を想定し、
OPECが減産調整の協議に入るとのニュースがヘッドラインにでたら、
去年のような、原油高騰で、漁業が出来なくなってはたまるかいと、
油の価格が高くならないうちに買い溜めする。
買った大量の油を保管するのに、各地で鉄製のドラム缶が売れまくり、
ドラム缶の量産のために、鉄くずが高値で取引されだした。
鉄くずやさんも大きな音を出しながら、夜通し働かなければ追いつかず、
その騒音で、近所の人が寝不足になったと。
寝不足の人が増えて、お経を聞きながら居眠りする檀家さんが増えた。
その為に、居眠りした檀家さんを起そうと、大きな声で、お経を唱えるように心掛ければ、
声がかれてしまって、お寺で内勤する事になり、
そのお陰で、住職と接する機会が増えて、ついでに怒られる機会も増えた。
南無阿弥陀仏・・チーン


いかがでしょうか。

合掌。
Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9