ある男のものがたり PART2

その後、彼は、考え方を変えて、猛勉強した。

そのお陰で、大学に進学する事ができた。

大学でも、一心不乱に勉強し、遂には高校教師の資格を得た。

高校では、生徒達に野球を教えることになった。

続く。

ある男のものがたり PART1

アメリカ人の野球の大好きな少年がいた。

彼は、仲間と毎日、白球を追いかけた。

彼は大好きな野球が全てだった。

高校卒業と同時にマイナーリーグに入った。

いつかは、大歓声の中で、一流のプレイをする事が、彼の最大の夢であった。

だが、プロの厳しい世界は彼の夢を、なかなか叶えてくれない。

いつしか彼は、夢を追うよりも、足元の現実を見始めた。

夢と現実の振り子の中で、彼は遂に引退を決意した。

メジャーには一度も昇格することなく・・・



続きは明日。

年年歳歳花相似

年年歳歳花相似

今年も変わらず桜が咲きました

歳歳年年人不同

爺ちゃんと、町会のまとめ役のおじさんが死んで、兄に子供が出来ました

五年ぶりに会った従姉のお姉ちゃんに「老けたね」と言ったら両頬を打たれました

目の前のことは変わらない気がするのに、人の世は少しづつ確実に変わりゆく

さらに五年後、十年後の未来はどうなっていることでしょうか?

今よりも平和で、明るい未来であればと思う今日この頃です。

小学校の入学式

我家の長女が、小学校に入学しました。
我家の長女は特別な子供です。
重い障害を持って生まれてきました。

小学校に入学する事は、とても大変なことでした。

地域の障害福祉の先生。
病院の先生。 
教育委員の先生。 
小学校の校長先生。
養護教育の先生。
障害児を育ててこられた先輩方。
医療機器のご担当の方。
新聞社の方。
ボランティアのみなさん。
役所の福祉課の方々。
おじいちゃんおばあちゃん達。

長女のために、多くの方々が力と勇気をくださったことで、
はれて、入学式を迎えることができました。

我家の長女は1年3組になりました。
これを聞いたときちょっと笑えました。

入学式当日は、車いすにのって参加しました。
その姿を見て涙が出ました。

泣いたり、笑ったり、子育ての醍醐味です。

大切な事は、人と人とのかかわりです。
御釈迦さまは、これを「縁」と言われました。

家族の縁、友人の縁、近隣の縁、職場の縁、男女の縁。ご先祖の縁。
過去の縁、未来の縁、幸せの縁

西栄寺も、「縁むすびの寺」として多くの皆様とかかわっていきたい思いです。

我家の長女のために、ご尽力下さりました皆様に、心よりお礼申し上げます。
ほんとうに、ありがとうございました。

昭和

傷つけば傷つくほど優しくなれた 
貧しさは大きな力になり
意気地のなさは勇気に変る
ひねた瞳は真実を欲しがる

真実はとてつもなく激しかった
愛せば愛すほど苦しくなる
はかなさが美しいから
死にたくてもまた歩いた

俺はいま真夜中の湾岸をとびだしている
カーラジオ消して受話器を耳にかたむける
進路は東へとお前の声を聞きながら走る
とうとう昭和の歴史が終わった

悲しめば悲しむほど思いやれた
悔しさは大きな力になり
力はいつしか詩になる
許せないのは自分となる

俺はいま受話器を静かに置いた
あゝ吹きすさぶ強く冷たい風に抱かれたい
夜明け前の街が確かに動き始めてる
とうとう昭和の歴史が終わった

夜明け前の街が確かに動き始めてる
とうとう昭和の歴史が終わった


長渕剛の曲「昭和」の歌詞です

私は昭和の時代を思い返すと、いつもノスタルジーに包まれます

昭和の時代というと、激動の時代故に凄まじいエネルギーのあった時代でした

軍拡、戦争、敗戦、大地震、復興、高度経済成長、オイルショック、汚職…

どれ一つとっても国民を巻き込んだ騒ぎになり、規模が大きかったように思われます

今の平成の時代は、技術だけは安定して進んでいますが、バブル崩壊以降経済は徐々に後退し、まるで真綿で首を絞められているようです

このような鬱屈した時代に呼応するように、自殺する人が増えています

そんな流れを止める術もなく世界は回っています

昭和のような、良くも悪くもエネルギッシュだった時代はもう来ないように思われます

そんな時代を懐かしみながら、私はよくこの曲を聴いています。
Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9